漫画「花野井くんと恋の病」に出てくるジョージア料理『シュクメルリ』を作ってみた。

漫画の中で2人がキッチンで作っていたジョージア料理「シュクメルリ」。

 

ほたるちゃんが花野井くんに借りた旅の本から影響を受けて

一緒に作ってみたいと提案したものです

 

にんにくがたっぷり入っているので迷ったほたるちゃんですが、

2人でケアしようということでお買いものから始めます。

 

 

 

created by Rinker
¥550 (2024/06/23 18:24:09時点 楽天市場調べ-詳細)

この年で少女漫画を読んでて思うのは「こんなイケメンで溺愛してくれる人いないわ!」

ってのもあるんですが(そういうの大好きですけど)、

 

ヒロインがみんないい子なんだわ。

 

こんな先のことまでよく考えて、言動もいい子で、優しくて、気遣いできて

そりゃ愛されるよね、と。

 

イケメンヒーローにばかり気がとられていたけど

大人になったらヒロインのすごさにも気付いたよ…。

 

というわけで、たまたまフリーペーパーにシュクメルリが特集されていたので

作ってみました。

 

私が見たレシピは鶏肉500gに対してにんにくひと玉って書いてあったけど

さすがにそんな勇気はなかった。

 

それでも罪悪感のある量。

パプリカパウダーとコリアンダーを小さじ1ずつ加えるレシピでした。

 

パプリカパウダーといえばハンガリーが地理的に近いからかな~

なんて思ったんですが、今レシピを調べたらなんか違うっぽい?

これはフェンネルを入れてますね。

 

他のレシピはコリアンダーがマストみたいなこと書いてあるし…。

 

ほんとのところはどうなんだと。

“バズる大使”として有名なジョージアの大使が答えています。

 

私はこの方を存じ上げなかったのですが、70歳の母にシュクメルリを振舞ったら

「ジョージア大使の顔が思い浮かびますね」と

意味不明なLINEがきたんだけど、なるほど。

 

テレビでも取り上げられてるからなのね。

 

記事には「日本人に受け入れられたらシュクメルリ」というふわっとした回答で、

大使としては満点なんだろうけどそこはハッキリ答えてくれ…!ってなった。

 

私が見たレシピはバター、牛乳を使って生クリームは使わないものでした。

 

パンチの効いたものが得意じゃない(にんにく料理もさほど好きじゃない)

70代の両親は「見た目よりあっさりしてるけどコクがあって美味しかった」とのこと。

 

この大使の口ぶりからしてシチューよりあっさりしてそうだし、

そこそこ正解に近かったかな…?

 

 

 

 

みなさんもぜひぜひ作ってみて

 

「美味しい!これがジョージア料理なのね!(知らんけど)」

 

って思ってみてください^^

 

おわり

Share:

人気記事

最新記事

サイト内検索

検索
カテゴリー
アーカイブ

こんな記事も読まれています